〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1
ニューステイトメナー1153
 

会話で認証 −一瞬防止−

話者認証

ワンランク上のセキュリティ→「ICカード」と「会話で認証」の合わせ技

会話で認証!?

1.マスタデータ作成
本人用ICカード登録
本人の音声データ登録・話者モデル作成
モデル作成短文5種類を本人に読んでもらい音声データを登録、その音声データから『話者モデル』の作成・登録を行います。
2.会話認証
話者認証場所で、ICカードリーダにICカードをかざし、ICカードが認証されたら、ガイドに従いマイクに一般的な会話で語りかけてください。
例:おはようございます、6月18日 火曜日です。
マスタ話者モデルと一致すると、認証のアナウンスが流れ次のステップに進むシステムです。
3.心理的抵抗
指紋・顔認証の場合、指紋や顔写真を取られるのは心理的に抵抗を感じる方が多いが、音声の方が抵抗は少ない

「CEATEC」で頂いたご質問と回答

「声とテンキーのパスワード入力」で認証

Q 「声とテンキーのパスワード入力」での認証は可能ですか?

A システム開発は可能です。声を出すタイミングの問題があります。


「声」だけで認証

Q 「声」だけでの認証は可能ですか?

A システム開発は可能です。上記と同じで声を出すタイミングをどこで取るかという事です。


「コールセンター1,000人分の話者モデル作成」に時間がかかる

Q 「コールセンター1,000人分の話者モデル作成」に時間がかかりすぎます。他に方法はありますか?

A Windowsパソコンのボイスレコーダーへ話者モデル5文章を読み上げたファイルを作成し、 認証データ追加登録の所でファイル取り込み処理で追加する。(雑音チェック中)

TOP